タイ、チェンライで山岳民族の保護活動をしているNGO「the mirror foundation」の山岳民族子供基金プロジェクトBlog


by mirrorfoundation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Fon(フォン)ちゃんの場合

今日はミラー財団の近くにあるトゥンルアン村にある小学校の女の子のお話をしたいと思います。
Fon(フォン)ちゃん。
トゥンルアン小学校に通う小学校6年生の女の子です。
e0128930_1547743.jpg

子ども基金プロジェクトのほうに トゥンルアン小学校の先生から
「ある子どもの支援をお願いできないだろうか」というお話をいただき、早速Kee(ギー)さんと
お話を聞きに学校を訪れました。

フォンちゃんの両親はHIVにより、彼女が小学校1年生の時に亡くなりました。
現在はおばあちゃんとの2人暮らしです。

彼女は成績が優秀で、このままいけばチェンライから少し離れた全寮制の学校に入学できるのでは。
と言われていました。

しかし、全寮制だとおばあちゃんを一人残して暮らさなければいけません。
野菜を取って それを売って暮らしを成り立たせ、フォンちゃんを育ててくれたおばあちゃんを
一人置いていくことはできないと判断したフォンちゃんは、進学するならばこのチェンライ、メーヤオ地区にある学校に行けないものかと考えました。

もちろんこのことには学校の先生も賛成だったのですが
メーヤオ地区の学校へ行くには通うための交通費、学費、制服代、教科書代などを用意しなければなりません。

やはり経済的に苦しい生活をしている、けれども成績は優秀。
なんとかならないものか。
と「子ども基金プロジェクト」に相談が来たのです。

e0128930_15564219.jpg

(フォンちゃんにインタビューするギーさん)

フォンちゃんは山岳民族ではありませんが、ミラー財団「山岳民族子ども基金プロジェクト」では
チェンライ県メーヤオ地区に住むすべての子どものたちを対象としているため
このフォンちゃんのためにも何かできないかと現在思案中です。


**フォンちゃんの場合は来年度からの支援ということになりますが、このように
子どもたち本人から話を聞き、自身の勉強したいという意欲を確かめています。

今回は本人の同意のもと、フォンちゃんのお話と写真を掲載させていただきました。

******
「子ども基金プロジェクト」って何?
支援ってどんなことをするの?
奨学金ってどのくらい必要なの?
集まった支援金はどんなことに使われるの?

など ご質問は常に受け付けておりますのでご気軽にこちらまでお問い合わせください。
お待ちしております。

mirrorfoundation@hotmail.co.jp (担当:長谷川)
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-07-09 13:34 | ◆こどもたちの紹介①