タイ、チェンライで山岳民族の保護活動をしているNGO「the mirror foundation」の山岳民族子供基金プロジェクトBlog


by mirrorfoundation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

奨学金を受け取った子たちの詳細

e0128930_22572623.gif
毎年 ミラーが奨学金を支援している子どもたちの総数は
現在53人になります。

そのうちの2人は 特別奨学金を
11人は学校を卒業するまで継続して 奨学金を得る権利を得ています。

しかし、まだまだミラーでは 奨学金をすべてのこどもたちに援助することは
できません。
子どもたちを選考しなければいけないのは、実情を目の当たりにしている私たちにとっては
とても辛いことです。

e0128930_22563697.jpg


学校へ通うために、そして家族を支える一員としても
子どもたちのなかには 土曜日曜を利用して出稼ぎに出かける子もいます。
けれども一日で稼げるお金というのは 日本円にして約350円。
家族が多ければ ご飯代だけで使い切ってしまうような金額です。

中学校へ一年間通うために必要な金額は 約2万1千円
この金額は私たち日本人にとっては、たやすい額かもしれませんが
こどもたちが1日に稼げる金額から 推測しても非常に高額なことがわかるでしょう。


:こちらのトピックでは、奨学金を受け取った子供たちについて より詳細な情報を
記していきます。

奨学金をどのようにして手にすることができたのか、
これから どんなことがしてみたいか
こどもたちへのインタビューを通じて、山岳民族の子どもたちが抱える問題、実情を
感じ取っていただきたいと思っております。
[PR]
by mirrorfoundation | 2008-02-10 00:11 | ◆こどもたちのあゆみ