タイ、チェンライで山岳民族の保護活動をしているNGO「the mirror foundation」の山岳民族子供基金プロジェクトBlog


by mirrorfoundation
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

マノップの日記1

e0128930_1416576.jpg

マノップは チェンライの大学に通う1年生です。

彼は 日本人からの支援のおかげで大学に通っています。
ミラー近辺のアカ族の村出身のマノップは、現在22歳。
大学に通う前は、自動車のエンジン技術の専門学校に通っていました。
当時から ミラーから奨学金をもらっていた彼は、機会があれば大学に通ってみたいと
話していました。

そんな中 一人の日本人の方の支援のおかげで彼は大学に通えることになったのです。
現在は社会開発を学んでいます。

大学へ通う前から、ミラーでの仕事を手伝っていたマノップ。
子どもたちからの信頼もあつく、リーダー的存在でもあり、
またミラースタッフにとっても彼は なくてはならない存在の人気者です。

特にエコツアープロジェクトでのお手伝いは、タイ人スタッフだけではなく、他国のボランティアたちとも交流を深めることができて、彼の世界観がぐっと広がったようです。

そんな彼が大学に通う前の感想を日記に書いてくれました。
以下本人が記したものをそのまま訳しました。


              【ミラー財団でのインターンで習得・経験したこと】

私はミラー財団でたくさんの新しい役立つことを学びました。また、今までに味わったことのない経験をしました。

①言語:エコツアーのオフィスで勤務している間、外国人ボランティアとミラー職員に対して毎日、英語と日本語を使ってコミュニケーションをとっていました。
ここで「ボランティア」の立場と意味を理解し、自分自身、成長することができたと思います。

②リーダーシップ:ミラー財団で、私はリーダーの立場として仕事を勤め、「リーダー」としての役割、スキルを学びました。たとえば人身売買のようなテーマについて子供に教育する数日間のプログラムの準備は大変重要で、決して自己中心的に物事を進行してはいけません。子供の思考や行動について理解できる貴重な機会を与えてくれます。計画性、集約力、解決力なしではとても勤まりません。

これらを通してNGO団体がどのように組織立てられ、運営されているか理解を深めることができます。仕事では、社会性とクリエイティブ力が身につきました。タイ、日本以外にも、他国の文化をいろんな人を通じて楽しく知ることができました。

③新しい経験:チームワークの重要性について学びました。他国のボランティアとともに仕事を遂行でき、他人の行動や考えていることを理解した上で、机上の勉強と実践の両方を通して学ぶことができるのはとてもいいいことです。何より大切なのなここで出会い、一緒にボランティアを経験した友人たちです。

ミラー財団で、私は今までに無いとてもいい環境で初めてボランティアについて学びました。ボランティアとしての知識や技術が身につき、すべてがとてもいい経験となりました。

[PR]
by mirrorfoundation | 2008-07-08 16:47 | ◆奨学生マノップの日記