タイ、チェンライで山岳民族の保護活動をしているNGO「the mirror foundation」の山岳民族子供基金プロジェクトBlog


by mirrorfoundation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

いただきまーす!(おなかいっぱいプロジェクト)

ボランティアさんたちが 毎週通っているチャイルドケアセンター
日本で言う幼稚園の前の段階の年齢 1歳から3歳までの子どもたちが通っています。

ミラー財団の一番近くにあるリパー村のチャイルドケアセンターでは
「おなかいっぱいプロジェクト」というプロジェクトも同時進行しています。

子どもたちの給食支援(正確に言うと、給食を作ってくれる人を支援、援助しているのです。)を
行っています。

ボランティアさんたちは 毎週水曜日と金曜日に子どもたちと簡単なアクティビティを
行うために チャイルドケアセンターに通います。
毎日20人ほどの子どもたちがここで元気に活動しています。

これは先日、チャイルドケアセンターを訪れた時の写真です。
e0128930_18271579.jpg

食べる前には手を洗って…
お祈りをして…

e0128930_1828995.jpg

いただきまーす!!

以前までは 子どもたちはご飯は持参で通っていました。
しかしそれでは格差が激しく 中には白米と肉一切れだけ、という子もおり、
成長期の子供にとってこれでは栄養上良くないということで
日本のAWCというアジアの子どもと女性のネットワークグループの援助のもと給食支援を行うことになりました。

現在はこのチャイルドケアセンターの管轄が こちらのタイの地域行政組織に移ったため
AWCさんからの支援は 給食を作ってくれる人に対しての給与支援、という形になりましたが
いずれにせよ、子供たちに栄養改善の機会を与えてくれたことに私たちは非常に感謝しております。

この中の子どもたちも 今年の5月からは幼稚園へ通う子たちも出てきます。
そしてまた新しい子どもたちが入ってくることでしょう。
子どもたちの楽しそうな笑い声がより一層あふれることを願います。

↓↓ こちらの企画もよろしくお願いします!!!!!!!!!***************
そうだ!海へ行こう! 企画へのご賛同、ご支援のほどよろしくお願いいたします!
詳しくは下線部分をクリックしてください。
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-02-26 18:51 | ◆ボランティアのおはなし