タイ、チェンライで山岳民族の保護活動をしているNGO「the mirror foundation」の山岳民族子供基金プロジェクトBlog


by mirrorfoundation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0128930_11593995.jpg


               こんな感じになりました、どうでしょうか?
                       浄化水槽システム

   まだ施工したコンクリートが乾いていないので、使用開始にはまだ日にちがかかります。
      使用済みの汚水は まず小石、土、浮き草の層を24時間かけて通ります。
  第二段階の水槽でもさらに濾過され、パイプを通り、ミラーを流れる小川へ返ってゆきます。

e0128930_12285590.jpg

    作業最後の日、夜6時まで手伝ってくれたボランティア3人
              左から理麻ちゃん、果林ちゃん、Erikaさん

御苦労さまでした。どうもありがとう、これでミラーに流れる川も綺麗になり、魚たちがたくさん住めるようになるかな??
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-02-27 12:32 | ◆mirrorについて
ボランティアさんたちが 毎週通っているチャイルドケアセンター
日本で言う幼稚園の前の段階の年齢 1歳から3歳までの子どもたちが通っています。

ミラー財団の一番近くにあるリパー村のチャイルドケアセンターでは
「おなかいっぱいプロジェクト」というプロジェクトも同時進行しています。

子どもたちの給食支援(正確に言うと、給食を作ってくれる人を支援、援助しているのです。)を
行っています。

ボランティアさんたちは 毎週水曜日と金曜日に子どもたちと簡単なアクティビティを
行うために チャイルドケアセンターに通います。
毎日20人ほどの子どもたちがここで元気に活動しています。

これは先日、チャイルドケアセンターを訪れた時の写真です。
e0128930_18271579.jpg

食べる前には手を洗って…
お祈りをして…

e0128930_1828995.jpg

いただきまーす!!

以前までは 子どもたちはご飯は持参で通っていました。
しかしそれでは格差が激しく 中には白米と肉一切れだけ、という子もおり、
成長期の子供にとってこれでは栄養上良くないということで
日本のAWCというアジアの子どもと女性のネットワークグループの援助のもと給食支援を行うことになりました。

現在はこのチャイルドケアセンターの管轄が こちらのタイの地域行政組織に移ったため
AWCさんからの支援は 給食を作ってくれる人に対しての給与支援、という形になりましたが
いずれにせよ、子供たちに栄養改善の機会を与えてくれたことに私たちは非常に感謝しております。

この中の子どもたちも 今年の5月からは幼稚園へ通う子たちも出てきます。
そしてまた新しい子どもたちが入ってくることでしょう。
子どもたちの楽しそうな笑い声がより一層あふれることを願います。

↓↓ こちらの企画もよろしくお願いします!!!!!!!!!***************
そうだ!海へ行こう! 企画へのご賛同、ご支援のほどよろしくお願いいたします!
詳しくは下線部分をクリックしてください。
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-02-26 18:51 | ◆ボランティアのおはなし
e0128930_187212.jpg


もうすぐ子どもたちの楽しみな?? 長ーい長ーいお休み
日本で言うと「夏休み」にあたる長期休みが目前に迫ってきています。

この休みが終われば みんなはまたひとつ新しい学年へステップアップするのです。

小学6年生が終わる子たちは、中学生になるので新しい制服、新しいカバン、新しい教科書を
準備中。

ミラーでも 家庭の経済状況に問題がある子たちに学費の支援をしています。
**
現在子ども基金プロジェクトでは さまざまなタイプの奨学金募集をしていますが
今年はフェアトレードプロジェクトとコラボレートした新しい形で皆様に
子どもたちの支援をお願いしたいと計画しています!!

遂行中のこの計画ですが、きっときっと実現させて皆様に紹介できる日がくる!という意気込みを持って
頑張っていますので どうかもうしばらくお待ちくださいっっ
 
 ↓↓ こちらの企画もよろしくお願いします!!!!!!!!!***************
そうだ!海へ行こう! 企画へのご賛同、ご支援のほどよろしくお願いいたします!
詳しくは下線部分をクリックしてください。
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-02-24 18:22 | ◆こどもたちのあゆみ
e0128930_16372398.jpg

現在 ミラーで活躍してくれている日本人ボランティアさんたち!

明治大学からは「あちょみだ」メンバー
(右2人目から7人目)
「あちょみだ」とはアカ族の言葉で「若い娘」という意味。
彼女たちは主に山岳民族の女の子たちに対象を置いて、さまざまな活動をしているグループ。
「女」であるがゆえにまだまだ差別、我慢しなければいけないことがたくさんある山岳民族の世界。
彼女たち「あちょみだ」グループが支援しているのは、そういった山岳民族の女の子が対象。

今回の彼女たちのミラーでの活動は
小学校での性教育、日本の文化を取り入れたアクティビティ、そして前回のブログでも紹介しました
「浄化槽システム作り」

残念ながら彼女たちは帰国の途についてしましましたが、メンバーの代表「りまちゃん」は
引き続きミラーで個人ボランティアとして活動してくれています。

奨学金プロジェクトにも 関心を寄せてくれている彼女は、「あちょみだ」グループ内でも
その活動を立ち上げようとしているみたいです。
まだまだ20歳前の彼女なのに そのパワフルさは折り紙つき。
今後の活躍に期待です。
*********

さてそろそろ 小学校も長期休みに入ります。
タイでは2月が学年修めの月。
5月からまた新しい学年が始まります。
皆さまから支援していただいた奨学金をもとに本年度の奨学生を決定するのは4月。
バタバタした日々がまだ続きそうです…

*********
そうだ!海へ行こう! 企画へのご賛同、ご支援のほどよろしくお願いいたします!
詳しくは下線部分をクリックしてください。
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-02-18 17:22 | ◆ボランティアのおはなし

そうだ!海へ行こう!!

e0128930_1582628.jpg

そうだ!海へ行こう!-子どもたちに初めての海体験を!-
                         2009年4月末実施予定
**
ミラー財団が支援している子どもたち、
常日頃から勉強だけにとどまらず、こまめにミラーに来てはスタッフのお手伝いをしてくれています。
子どもたちに何かご褒美をしたいな…
と考えた時に思いついたのが「まだ海を見たことがない子たちに海を見せてあげよう!」

素敵なリゾートに…には行けないけれど
まだ生まれてから一度も海を見たことがない子たちに 海を見せてあげたら
どんなに喜ぶことだろう。
どんなにわくわくすることだろう。
普段山の中で生活している彼らにとって、「海」というのはテレビの中だけでしか見たことがない
幻のものでしかありません。

なんとかして子どもたちに海を見せてあげたい!

そんな思いの末、現在試行錯誤しながら予定を組み立て中です。
****

そこで普段このブログをご覧になっている皆様にも子どもたちの夢をかなえるお手伝いを
お願いします!!!!

ほんのお気持ちだけでもかまいません、皆さまからの寄付をミラー財団で受け付けております。
奨学金部門以外での寄付募集ということになりますので、ご興味をもたれた方は
mirrorfoundation@hotmail.co.jpまでご連絡ください!

必ず題名に「子どもたちとの海企画について」とご記入のうえ、
お名前とご連絡先を忘れずにお書き下さい。

よろしくお願いいたします!!!!

担当:長谷川エミ
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-02-17 15:53 | ◆こどもたちのあゆみ

頑張っています!!

さて今日は 新しくできたこのカテゴリ【ボランティアさんたちのおはなし】第1号として
現在活躍しているボランティアさんたちのお仕事をのぞいてみたいと思います。

現在は日本人は 女の子3人だけですが
その他の国からのボランティアを含めると20人近くいるのではないでしょうか。

その中で日本人たちが中心になっている仕事は【浄化槽システム作り】

女子寮横にある洗濯機、洗面所から流れでる汚水を、小石、砂、水草、バクテリアを利用して
浄化し、綺麗な水に戻す。
というシステムを作るため、まずは基本の穴掘りからです!

    そう 作るといっても 基礎の基礎、穴掘りからすべては始まります。

e0128930_16581539.jpg

ここでも 奨学金生マノップくん大活躍。
学校が長期の休みに入ったため、ほぼ毎日ミラーでお手伝いしてくれています。

e0128930_1701765.jpg

    頼りになります。
    ローカルガイドのピジャヘーも手伝ってくれています。 

e0128930_1715889.jpg

がんばれ~~~
   だいぶ大きな穴が掘れてきました!


e0128930_173778.jpg

実は作業しているのが ほとんど女子のため、
男手はとっても重要!!!!!
けれどもミラーに来ているボランティアの子たちはちょっとやそっとでは弱音をはきません。
朝から夕方まで、汗だくになりながらみっちり作業しています。
もう少しで完成ですっっ。

わたし…??
わたしはもっぱら応援係です、スイマセン…

けれどもさくらさんはみんなのリーダーとなって 働いてますよ~
本人いわく「ちょっとたくましくなってきた気がする」そうです。
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-02-13 17:07 | ◆ボランティアのおはなし
e0128930_13572553.jpg

皆さま 長らくご無沙汰しておりました。

あっという間に2月になってしまい、気がついたらそんな2月ももう半ば!
ミラーにはボランティアも大勢いますが、最近は特に多い!
総勢25名以上はいるでしょうか、
加えて建設をしてくれているボランティア団体を含めるともっともっといるのではないでしょうか…

現在は ボランティアの寮の隣に下水浄化層を建設している日本人ボランティアさんたち。
日々暑くなる日差しの下、長そで長ズボンに身を包み、
穴掘りからセメント施工まで頑張っています。

今年はこのブログで「子ども基金プロジェクト」のことのみにとどまらず、
ボランティアの様子なともこと細かに皆さんにお伝えできたらな、と思っておりますので
よろしくお願いします!!
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-02-12 15:22 | ◆mirrorについて