タイ、チェンライで山岳民族の保護活動をしているNGO「the mirror foundation」の山岳民族子供基金プロジェクトBlog


by mirrorfoundation
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

マノップの日記続き

前回のマノップの日記からの続きです。

e0128930_1353752.jpg

        リパー村での建設ボランティアグループと一緒に晩御飯 マノップ本人右から2番目


僕は今もミラー財団でお手伝いを続けています。
学校は学期休みに入っていますが、2週間の夏の特別クラスをとっているので
月曜日から金曜日まで授業が何日か入っています。

けれども時間が空いているときには、ミラーの仕事を手伝っているのでほぼ毎日
ミラー財団に来ています。

僕がミラーにいる間、なるべく新しいことに挑戦してみたり、学ぼうと努力しています。
こういう時間が僕自身にとって とても重要な時間だと感じています。


そして今 現在準備に追われていること、それはあるプロジェクトの仕事です。
僕がいま取り組んでいるのは、現在のタイの政府に対してタイ人と平等に山岳民族の人々の意見を
伝えるべく活動しているプロジェクトなのです。
北タイ チェンライ代表のプレゼンターとしての仕事ができることをとても光栄に思っています。
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-03-26 13:42 | ◆奨学生マノップの日記

マノップの日記

しばらくぶりになりましたがマノップの日記です。

e0128930_1624162.jpg

                       写真は マノップと同じアカ族(ロミアカ族)のお母さん

今月は 第2学期のテストが終わり、気分もすっきりし、とても有意義な月になりました。
テストの終了後は自分の村に帰り、いつものように母のお手伝いををしながら、学校の宿題をしています。

今回の学期休みはたった15日間のみです。
でもこの短い期間を僕はとても意義のあるものだと思っています。

僕の村は外国から来るお客さんのためにホームステイを受け入れています。
母とその準備を済ませ、僕は自分の仕事に取り掛かりました。

僕の今している仕事というのは 山岳民族が集う会議に使うためのアカ族の生活、文化についてまとめた書類を作っています。
この仕事をすることに ぼくはとても誇りを持っています。
アカ族の文化を見直すことができるし、新たな問題点を見つけたり、それを村人とともに解決の方向に
持っていくことができるからです。

つづく
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-03-24 17:32 | ◆奨学生マノップの日記
e0128930_1413274.jpg

メーヤオ地区の村村にあるチャイルドケアセンターの子どもたちの
卒業証書授与式が 3月23日(月)に地域行政組織オフィスで行われました。

わたしも子どもたちの晴れ姿を見るべく 数名のボランティアとともに参加してきました。
e0128930_12532590.jpg

いつもはわんぱくなこどもたちも 今日ばかりは緊張気味で
写真を撮るときもかちんこちん。

e0128930_12561197.jpg

リパー村のジャルニちゃん
緊張して 証書をもらう瞬間もどぎまぎ、、、、
ちゃんと壇上の端から端までまっすぐ歩いて戻ってこれるかな・・・・?

e0128930_12593293.jpg

子どもたちにとってこの2時間じっと座っているのは 疲れたことでしょう(笑)

子どもたちのお遊戯お披露目会あり、写真撮影大会あり、
ボランティアたちもかわいい子どもたちの姿に目頭がほころびっぱなしでした
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-03-24 13:01 | ◆こどもたちのあゆみ

海へ行こう!企画続編


e0128930_1739986.jpg
e0128930_16574674.jpg

チャイルドケアセンター(ブコ村)にてボランティアと子どもたちとのアクティビティの様子
海へ行こう!企画の日程が決まりましたのでお知らせいたします。

****************************** 
4月23日(木) 午後 ミラー出発
              車で一路 チェンマイへ移動、そして宿泊。

24日(金) 電車でバンコクへ移動

25日(土) バンコク見学 チョンブリー地区へ移動

26日(日) 午前 化学子ども博物館へ
       昼食後も 博物館見学

27日(月) 念願の海へ!!
        一日中 海で遊びます!

28日(火) 午前中 海へ再び
        昼食後 チェンライへ向けて出発

29日(水) ミラー財団到着予定
*******************************

とまぁ 非常に大雑把な予定ですが なんせ子どもが30人
スタッフが今のところ2人しかいませんので このような大まかな計画のみとなっております。

今回は車、電車の2つの交通手段を使って行きます。
なんせ車の乗車経験はおろか、電車も初めての子もいるため
きっとみんなドキドキでしょうね~~


********************************

ミラー財団から皆さんへ再びお願いです。
そうだ!海へ行こう~子どもたちに初めての海体験を!~                         
                               2009年4月23日~29日実施予定**

ミラー財団が支援している子どもたち、
常日頃から勉強だけにとどまらず、こまめにミラーに来てはスタッフのお手伝いをしてくれています。
子どもたちに何かご褒美をしたいな…
と考えた時に思いついたのが「まだ海を見たことがない子たちに海を見せてあげよう!」

素敵なリゾートに…には行けないけれど
まだ生まれてから一度も海を見たことがない子たちに 海を見せてあげたら
どんなに喜ぶことだろう。
どんなにわくわくすることだろう。
普段山の中で生活している彼らにとって、「海」というのはテレビの中だけでしか見たことがない
幻のものでしかありません。

なんとかして子どもたちに海を見せてあげたい!

そんな思いを一緒に応援して下さる方、募集中です。


お気持ちだけでもかまいません。
皆さまからの寄付をミラー財団で受け付けております。


奨学金部門以外での寄付募集ということになりますので、ご興味をもたれた方は
mirrorfoundation@hotmail.co.jpまでご連絡ください!


必ず題名に子どもたちとの海企画についてとご記入のうえ、
お名前とご連絡先を忘れずにお書き下さい。

よろしくお願いいたします!!!!

担当:長谷川エミ
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-03-20 17:40 | ◆こどもたちのあゆみ

School For Life

チェンマイへ子どもたちの進学先を探しに行ってまいりました。
チェンマイは、ここミラー財団の位置するところから 車でおよそ4時間強。

奨学金だけではなく、子供たちの状況に合わせた学校を探すプロセス支援も行っている
私たちは、こうしていろいろな学校を回って調査するのも一つのお仕事なのです。

同行スタッフはおなじみKee(ギー)さんです。
e0128930_18181999.jpg

注)右端
e0128930_17443980.jpg

今回訪れた学校の名前は「School For Life」
タイの王女様とドイツが協力して作った学校です。幼稚園~高校までの子供の受け入れをしています。

こちらでは生徒数135人、先生が30人弱、共同生活をしています。
広い広い敷地内に(本当に半端なく広いのです!!) 校舎、運動場、図書室、売店、保健室、
そして家々が建ち、子どもも先生も一つの家族のように暮らしています。
e0128930_184134100.jpg

この学校は 家庭内など何らかの事情で学校に通いたくても通えない子どもたち。
ストリートチルドレンだった子どもたち、エイズ孤児などを受け入れているのだそうです。


今回はわたしとKeeさんのほかにも小学校を卒業し、進学を控えているこどもたちも同行しました。
Aja(アジャ)村、Pukho(ブコ)村、Apa(アパ)村、Jarae(ジャレー)村。
いずれもアカ族とラフ族の村の子どもたちです。

なかなか遠出をしない子どもたちにとっては、これも一つの遠足のようなもの?!
行きの車はみんな興奮してキャーキャー
帰りの車は爆睡、でした。

e0128930_18403580.jpg

子どもたちも入学志願書を書き、少しほっとした様子。
5月からまた新学年が始まりますが、この子達の進学の末が気になるところです。
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-03-19 18:42 | ◆こどもたちのあゆみ
e0128930_16455226.jpg

チャイルドケアセンターには1~3歳の子どもたちが通っています。

今週の金曜日で何人かの子供たちは このチャイルドケアセンターを卒業になります。

リパー村の子どもたちは今年7人このセンターを去り、今度は小学校の前段階である学校へ
通うことになります。
この1年間子どもたちを見てきましたが、子供の成長というのは本当に早いです。

そしていいことも悪いことも すぐに吸収してしまいます。
だからこそ今の段階からの 基礎の教育、
教育のみならず生活する上での必要な礼儀などがとても大切になってくるのです。

今年卒園する子どもたちの中にも わんぱくっ子はたくさんいますが
根はいい子たちばかり。(と、信じています)

将来を楽しみにして 、、、、
今度は弟、妹たちの手を引いてこのチャイルドケアセンターに現れる日を楽しみにしたいと思います。


子どもたちの修了書授与式は来週の月曜日。
晴れ姿の子どもたちを見に わたしも行ってきます!
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-03-17 17:58 | ◆こどもたちのあゆみ

勉強しよう!

e0128930_17531762.jpg

ボランティアによる 子どもたちへの英語勉強会が迫ってきました。

写真は一足お先に 英語をお勉強中のミラースタッフの子どもたち。
e0128930_1759825.jpg

先生役のDaveちょこっとサービスでこっちを向いてくれました。
写真がこちらも少し暗くて見づらいかと思います、申し訳ありません

e0128930_1821647.jpg

明日からはいよいよ奨学生の英語キャンプが始まります!
*写真は英語キャンプの写真とは関係ありません。前回日本人の団体あちょみだによるナムラット小学校での授業風景です

今日は子どもたちがミラーのみんなに挨拶もかねて、何人か集合してくれました。
子どもたちはミラーでの英語キャンプのほかに、インターンとして新学期が始まるまでの間
スタッフのお手伝いもしてもらいます。


午前中英語のキャンプが終了したら、当分は古着の販売のため村々を回る予定です。

日中の気温もだんだんと上昇してきたここチェンライ、暑い中きっと仕事も大変かと思いますが
頑張れ!!

私も次回子どもたちに同行させてもらって 勉強だけではなくお仕事している姿も
こちらにUPしようと思います。
お楽しみに!!
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-03-16 18:22 | ◆こどもたちのあゆみ

象の日です

e0128930_16495312.jpg

ミラーから車で20分ほどのところにある村 ルアムミット村で
本日 象に感謝する儀式が行われました。

わたしたちは 「象の日」
と呼んでいます。

この村にはカレン族、ラフ族、ヤオ族、アカ族、タイ人の人々が共存しています


その中でもカレン族の人々は象を使うことができる唯一の山岳民族です。
その昔、カレンの人々は象を調教し、チーク材の伐り出し、運搬としての重要な役割を
象に託していました。

その労働に対し、年に一度感謝の儀式がおこなわれるのが今日。
というわけです。

森林伐採を政府から禁止されてしまった現在は 
村を訪れたツーリストを乗せて歩く観光産業としてのみの役割しかなくなってしまった象さん。


それでもこの日は 特別な日として今でもイベントはつづけられています。
村のメインロードを村人と象さんが行進し、
広場では象さんのために たくさんのごはんが用意され、ふるまわれます。

e0128930_17121314.jpg

e0128930_17154922.jpg



象さん 御苦労さまです。
小象も交じっての行進。一緒に行ったミラー財団のボランティアさんたちもたくさんの象に
出会えて満足そうでした。
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-03-13 17:19 | ◆タイのイベント。行事

お手伝いです

e0128930_16261498.jpg

ミラーから奨学金をもらって大学に通う子が 長期休みに入ったため
スタッフのお手伝いにやってきてくれました。

サーイちゃん21歳(写真が暗くてごめんなさい…)チェンマイの大学で英語を勉強しています。

彼女は現在エコツアープロジェクトでお手伝い中。
ボランティアさんと一緒に建設作業をしたり、雑務をしてくれています。

時間のあいたときにはボランティアさんから英語を習っています。

実は彼女は日本語も少し話せるのです。
ミラーの奨学生キャンプに参加した時に習った日本語を
忘れずに覚えていました。

1か月ミラーで寝泊まりしながらの お手伝い。

来週からの英語キャンプでたくさんの友達がミラーにやってくるのが
楽しみだそうです。
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-03-11 16:59 | ◆こどもたちのあゆみ

建設作業続きます

e0128930_1325274.jpg

e0128930_13331797.jpg

日本人ボランティアグループがやってきて
ミラー財団の隣村 リパー村で水道パイプ建設作業を行いました。

たった8人の小さなグループですが 元気一杯。
毎日作業に励み、10日間の短い滞在期間に無事建設を終了させて帰ってゆきました。

e0128930_13442158.jpg

女の子も大活躍 !
長期ボランティアさんたちも手伝ってくれました。

e0128930_13505581.jpg

みんなでバナナの葉に包まれたごはんでランチです。
沢山働いて 汗を流したあとに食べるご飯は おいしいですね!


このグループは既に帰国してしまいましたが
現在 日本から来ているボランティアグループさんはエコツアーの新しいオフィスを建設しています!

*******
学校が休みになった子どもたちも ちらほらとミラーに顔をみせ始め
ボランティアさんたちと一緒に作業をしたり、英語を習ったりしています。

だんだんミラーがにぎやかになってきましたよ!!
[PR]
by mirrorfoundation | 2009-03-11 13:55 | ◆ボランティアのおはなし